2012年地価調査、下落率が前年比0.7ポイント縮小「不動産市場、回復傾向示す」

国土交通省が発表した2012年都道府県地価調査によると、依然として全国的に地価の下落を示す地点、が多数あるものの、下落率は縮小し 、上昇・横ばいの地点、が増加した結果となった。

国土交通省では、「地価は引き続き下落しているが、一本調子ではない。

下落幅も小さくなっており、不動産市場は回復傾向を示しているとしている。

住宅地、 商業地、工業地など2011年からの全継続調査ポイン卜2万1285地点(全 調査ポイン卜は2万2264地点)のうち、上昇地点の割合は3.1%(658地点)、横ばいは9.3%(1972地点)にとどまったが、2011年調査の「上昇88地点、横ばい863地点」2010年調査の「上昇27地点横ばい302地点」に比べると上昇、横ばい共に大幅な増加となった。

全国の平均変動率(全用途)は、マイナス2.7。

2011年調査と比べて0.7ポイント縮小した。

2010 年調査との比較だと1.0ポイ ントの縮小となっている。

住宅地(用途)を都道府県別に見ると、愛知県が変動率0.0%(横ばい)となり全国で唯一マイナス値が外れた。

都道府県別の住宅地でマイナス値が外れたのは4年ぶりのこと。

今回は、東京23区や横浜市の各区、川崎市、仙台市などでも横ばいや上昇地点、はあったが、都道府県全体としてマイナスを脱したのは愛知県だけだった。

2011年3月の地下鉄桜通線の延伸開業、マンション供給の増加、堅調な住宅需要などが、全体として 地価を維持する結果につながったようだ。


住宅地の圏域別・地方別平均価格表 
(単位:円/u)

圏域別・地方別 平成23年 平成24年
東京圏 191,700 191,900
大阪圏 142,900 142,100
名古屋圏 98,600 99,500
北海道地方 18,900 18,400
東北地方 24,700 23,700
関東地方 30,800 29,800
北陸地方 37,300 36,300
中部地方 51,800 51,500
近畿地方 42,800 42,000
中国地方 35,900 32,900
四国地方 38,500 36,600
九州・沖縄地方 33,600 33,000

 ※注 平成23年平均価格は、市町村合併前の旧市町村の平成23年調査から再集計したもの。
関東地方は東京圏を、中部地方は名古屋圏を、近畿地方は大阪圏をそれぞれ除く地域である。


月刊不動産より〜仲介手数料無料不動産センター 2012.10.23

国交省 平成25年度 概算要求〜耐震化、省エネに重点 中古流通活性化ヘ基盤作り

 

9月に公表された国土交通省の住宅・不動産関連の概算要求は、耐震化・省エネ建築物の促進、中古住宅流通促進のための基盤作りが主な内容であった。
一次取得者層の住宅取得支援を目的に、フラット35Sの金利優遇幅拡大も盛り込まれている。
住宅・建築物の耐震診断と改修については、現在も社会資本整備総合交付金による助成が行われているが、更なる国費の上乗せで事業促進したい考えを表した。
大規模建築物や災害時の機能確保が必要な避難路沿道建築物などの耐震化促進費として、150億円の予算を計上。また、住宅の耐震改修についても、これまでの助成に加えて1戸当たり30万円を交付金で上乗せする内容とした。

 

  • ゼロエネ住宅の普及 予算倍増で中小支援

    省エネについては、ゼロ・エネルギー住宅(省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用により、年間での1次エネルギー消費量が正味<ネット>ゼロになる住宅)の普及事業について、2012年度は23.1億円だった予算を50億円に拡充。

    特に中小工務店への支援を重点的に行う。

    先導的な省C02技術を導入した建物や、省エネ性能の向上に資するリフォームに対する支援事業「建築物省エネ改修推進事業」は、継続実施を要望した。

    また、災害時などの非常時でも、自立して業務・生活・避難受入れなどができる環境整備の先導的プロジ、エクトへの支援も新たに盛り込んだ。

    1件当たりの補助金が数億円に上ることも予想される。

    「環境不動産Jの普及促進には、3,000万円の予算を計上。

    まずは認証制度構築に向けた評価指標(ベンチマーク)を確立する作業に入る。

  • 一体的建て替え支援

    「都市の低炭素化の促進に関する法律」の成立を受けて、低炭素・循環型都市の実現に向けた取り組みへの総合的な支援も充実させる。

    また、UR都市機構、地方住宅供給公社、民間事業者の建物が混在する場合の、一体的な建て替え整備事業への支援も行う。

    協議会など全体をまとめる組織の立上げが条件で、30億円の予算を計上した。

    中古流通活性化事業は、引き続き重点的に取り組む。

    流通市場の整備と活性化事業費として1億2,200万円を要求。

    事業者関連携による新たなビジネスモデルの調査・検討ーのために、このほど選定した全国12の協議会などを継続的に支援する。

    不動産情報の一元的システム整備に向けた取り組みは、2014年度の基本設計構築に向け、2013年度は5,000万円の予算で構築のための調査を行う。

    また、中古住宅の建物評価の査定方法を見直す検討も始める。

    今は築年数に重きを置いたものになっているが、改修や使用状況など様々な要素を加味して評価していく内容を確立する考えだ。

    更に、14億円の予算を使い、中古住宅・リフォームトータルプランの実現に向けた具体的なビジネス構築のための補助事業を展開していく。

  • 「地価公示」は10%減

    不動産取引状況や価格動向の提供事業にも力を入れる。

    このほど開始したばかりの「不動産価格指数」の整備に4億2.700万円の予算を計上。


    速報性やサンプル回収率を上げる施策も実施する。「取引価格情報の整備Ji地価LOOKレポート」については、2012年度と同様の内容で推進していく。

    行政事業レビューの対象となった地価公示については、地点数の絞り込みを行い2012年度と比べて予算を10%ヲ|き下げた(33億6,300万円)要求となった。

    そのほか、地域活性化に向けた新規事業として、不動産証券化手法による開発促進の相談窓口・パイロット事業への支援として4,200万円、駅前の低・未利用地における所有者の開発意向調査、情報提供事業として1,700万円を計上した。

  • サ高住の供給を支援 セーフティーネットも

    サービス付き高齢者向け住宅の供給促進のため、建設・改修費に対して引き続き支援を行う。
    また、既存住宅などを活用して地域の子育て支援スペースを整備する住まいづくりにも注力する。
    両事業の予算計上は355億円に上る。

    住宅困窮者に対しては、公的賃貸住宅の供給とともに、民間賃貸の空き家を活用した重層的な取り組みで100億円の予算を計上し引き続き支援していく。

金利引下げ幅拡大 フラット35S 10年間、0.5%

国土交通省は、住宅金融支援機構が提供する長期固定型住宅ローン「フラット35SJのうち、2,000万円の融資額まで金利を0.5%引き下げる要望を提出した。

優遇期間は10年。

耐震性・省エネ性に優れた良質な住宅の取得支援が目的だ。

2,000万円を超える部分については、通常プランのとおり0.3%の引下げ幅となる。

月刊不動産より〜仲介手数料無料不動産センター 2012.10.23

新築分譲住宅 王禅寺18 〜新百合ヶ丘〜 5798万円 

2012/10/23 
新築一戸建て 新百合ヶ丘〜王禅寺西 5798万円

所在地 神奈川県川崎市麻生区王禅寺西3丁目
交通 小田急線「新百合ヶ丘」駅歩19分
小田急線「新百合ヶ丘」駅「大谷」行バス8分 「日生住宅」下車徒歩1分
土地面積 1号棟:168.11u
建物面積

1号棟:118.41u(1F 67.90u+2F 50.51u)

築年月 平成24年10月
備考 人気の「さくら建設」施工の新築一戸建てが、仲介手数料無料になります!!、50坪の東南角地、恵まれた住環境、33坪吹抜けリビングプラン
〜周辺施設〜
スリーエフ・・・500m、白山保育園・・・700m、村松歯科・・・35m、岡崎医院・・・140m、王禅寺北第4公園・・・30m、王禅寺北第5公園・・・160m、白山北緑地・・・160m、百合ヶ丘ファミリーテニスクラブ・・・350m
〜充実の設備・使用〜
床暖房(TES)、フラット35S・エコA対応、外構一式、カードキー(CAZAS)、Low−Eガラス全窓設置、食器洗乾燥機浄水器、システムキッチン、住宅長期10年保証付、小屋裏収納、浴室換気暖房乾燥機
取引態様 仲介

仲介手数料無料!!新築住宅 のご紹介です!


他の物件はこちら
東京の新築一戸建て / 神奈川の新築一戸建て / 一覧表

 

フォレストタウン(FORESTTOWN)馬絹1776番1期 〜宮崎台・鷺沼〜

2012/10/23
新築一戸建て フォレストタウン 宮崎台・鷺沼 5180万円〜5480万円

所在地 神奈川県川崎市宮前区馬絹
交通 田園都市線「宮崎台」駅徒歩12分
田園都市線「鷺沼」駅徒歩20分
田園都市線「鷺沼」駅バス10分 停歩3分
土地面積
建物面積
各棟の特徴

1号棟:土地133.38u、建物122.41u(地下車庫19.01u含む)
・南側16m道路のため陽当り良好
・大型地下車庫19.01u
・対面キッチン

2号棟:土地129.47u、建物132.73u(地下車庫30.06u含む)
・地下車庫+駐輪場 30.06u
・対面キッチン
・MBR(メインベッドルーム)10.5帖

3号棟:土地129.04u、建物121.37u(地下車庫18.64u含む)
・公道5m×公道4m 角地
・地下車庫18.64u
・バルコニー6.89u

5号棟:土地130.37u、建物123.33u(地下車庫20.24u含む)
・地下車庫20.24u
・LDK17帖
・WIC付き

6号棟:土地132.75u、建物119.71u(地下車庫18.28u含む)
・南側6m通路のため日当り良好
・地下車庫18.28u
・全居室南向き

築年月 平成24年10月完成予定
備考

全15棟の美しい街並みを是非ご堪能ください!!
信頼の「成建エコ住宅」、フラット35Sエコ対応!
土地権利:所有権、構造:木造3階建て、建ぺい率50%・60%、容積率80%・200%、防火指定:指定なし・準防火地域、高度地区:第一種高度地区・第三種高度地区、用途地域:第一種低層住居専用地域・準住居地域、地目:宅地、設備:都市ガス・公営水道・公共下水
その他・・・調整池有り(排水協定有り)、ゴミ置場持分有り

取引態様 仲介

仲介手数料無料!!新築住宅 のご紹介です!


他の物件はこちら
東京の新築一戸建て / 神奈川の新築一戸建て / 一覧表

 

▲このページのトップに戻る