築30年を超える低価格マンションの成約が増加傾向に

東日本不動産流通機構は、2011年度の首都圏中古住宅市場「立地別・築年帯別状況と物件平均像」を発表しました。
中古住宅(マンション・戸建て)は、成約件数はほぼ前年並みですが、新規登録件数が大幅に増加。立地と築年帯別では、築30年超の低価格物件が成約・新規登録とも大幅に増加し、特に東京都区部での増加が目立っているようです。

アドパークより〜 仲介手数料無料不動産センター 2012.5.15

▲このページのトップに戻る