ご相談事例:マンションを売却する際のリフォームやハウスクリーニング、荷物について?

ご質問

マンション売却時のリフォーム?クリーニング?を考えるネズミ.jpg自宅のマンションを売る際に、補修やリフォームをしておいた方がいいのか、それとも余計な費用はかけずに、買われた方に自由にリフォームしてもらう方がいいのか、どちらが良いのでしょうか?

また荷物が多いのですが、そのままでも良いのでしょうか?

 


回答

ご相談下さいました件について、状態にもよりますので一概に言えませんが、ご売却時には最低限の内容でも結構ですので、リフォームとハウスクリーニングをして、お荷物も極力少なくされた方が良いかとは思います。


といいますのは、一般のご見学者様は「パッと見た時のイメージや感覚」にとても影響を受けやすく、お部屋の状況が良くなかったり荷物が多い物件を見たときに、仮に「リフォームをすればキレイになる…」と頭ではわかっていても、実際の経験も少ないのでキレイになったイメージをうまく持つことができず、なんとなく買う気分が盛り上がらなかったり、よほど割安感を感じないと買わない、といった事が多いです。 


中古マンションでも、まれに売主様が不動産業者の場合があり、そういった際の販売手法を見ていると参考になりやすのですが、多額の費用をかけてでもフルリフォーム等して見栄えを良くしてから販売するケースが多いです。


その際は、原状回復のリフォーム工事ではなく、機能を刷新し、新しい価値を生み出す目的の改修工事を施した、いわゆる「リノベーション物件」や、更にはモデルルームの様に家具等をオシャレに設置した「ホームステージング」まで行っている物件もあります。


なぜ売主が不動産業者の場合にはそこまでするかというと、一般の方向けに売却する場合は「リフォームにかけた費用以上に高く売れる」事をわかっているからなのです。


例えば500万円のリフォームをするかわりに、売値を1,000万円上乗せしたりします。そうすると500万円の利益がでます。
(※実際は諸々の税金や手数料等でこの様にはならないですが…)


ただ、一般のお客様がフルリフォームの費用をかけてまで販売するのは、空室での販売か居住中での販売かにもよりますし、諸々のリスクを考えますと現実的には難しいので、費用はあまりかからないけれども見た目が激変する様なコストパフォーマンスの良いリフォーム等をご検討されるとよいかとは思います。


例えば、壁や天井のクロス(壁紙)張替や、クッションフロアーの張替、キッチンや洗面所の水栓金具の交換、照明の交換、プロによるハウスクリーニング、等でしたら費用がそこまで高くは無いですが、見た目の第一印象はグッと良くなるかもしれません。


どの程度のリフォームや補修をするかといった事は、物件の価格帯やエリア、想定される購買層にもよりますので、お気軽にご相談頂ければアドバイスさせて頂きます。

 

 

▲このページのトップに戻る